オンラインカジノの税金について

オンラインカジノをプレイするにあたって、いくつかの注意事項の1つとしてあげられるのが勝利金に対しての税金です。

知っておかなければ最悪の場合、法律に引っかかることもありますので、できるだけわかりやすく説明していきます。

オンラインカジノには税金はかかるのか?

自分が得た勝利金の額次第で

税金はかかります。

オンラインカジノで得た報酬は日本の法律上「一時所得」になるので「所得税」という税金を支払わなければいけません。

パチンコや競馬で勝った時に税金なんて払ったことないのに、なぜオンラインカジノには税金が発生するのか。

実は、パチンコや競馬にも「税金」は発生しているんです。
しかし、パチンコも競馬もほとんどの場合が現金を直接もらうため税務署が金額を把握できないので「税金」の支払いを命じられることがないだけです。

オンラインカジノは銀行に報酬が振り込まれるため税務署も把握ができてしまうので、ちゃんと税金を納めましょう。

税金の発生条件

税金を払わなければいけないとはいえ全ての報酬に税金が発生するわけではありません。

オンラインカジノの税金は勝った時に支払われる報酬が年間で50万円(1月1日~12月31日)を超える場合にのみ税金の支払い義務が発生します。

仕組みについて簡単に説明していきます。

まず、オンラインカジノの税金は上記でも書いてある通り、勝った時にのみ支払い義務が発生するということを覚えておいてください。

つまり1年間のトータルがいくらマイナスであろうと、どこかで50万円を超える報酬を得た場合は税金を支払わなければいけません。

税金の計算方法は

一時所得=総収入-総支出-特別控除額(50万円)

例えば

・1月10日に15万円のプラス
・2月10日に20万円のプラス
・3月10日に5万円のマイナス
・4月10日に5万円のマイナス
・5月10日に30万円のプラス

上記の場合「15万円+20万円+30万円」-「5万円+5万円」=55万円になりますがギャンブルの場合はマイナス分に対してを支出として計算することが認められていないので計算方法が「15万円+20万円+30万円」=65万円となります。

そしてここから「特別控除額」の50万円を引いた15万円に税金の支払い義務が発生するということになります。
なのでオンラインカジノをプレイするときはプラスになった分を細かく控えておくことをおススメします。

確定申告

税金が発生するということは納めるために自分で税務署に申請しなければなりません。
それが「確定申告」です。

「確定申告」には様々な書類の確保と記入が必要になり少し手間がかかるので税金を支払いたくない、確定申告をしたくないかたは年間50万円以上プラスを出さないように注意しながらオンラインカジノをプレイしてください。

オンラインカジノの税金に対しての注意点
・年間50万円以上のプラスで税金の支払い義務が発生する。
・マイナスの分は計算されない。
・税金を納めるために確定申告をしなければならない。

以上のことに注意してください。

税金で会社にバレたくない

会社に勤めている場合税金などは給料から控除され納税されているため会社にバレてしまうのでは?と思うかもしれませんが、オンラインカジノの分をポイントだけ守り自分で行えば問題ありません。

そのポイントとは、
確定申告の申告書にある[住民税に関する事項]という項目で[自分で納付]にすることです。

そうすれば会社には他での収入がバレずにすみます。

しかしこれを行わないと給料から一緒に引かれてしまうため住民税の額が上がり会社にバレてしまいます。

もう一つ重要なことが[人に言わない]です。せっかく自分で納税をおこなっても同僚などに話しそこからバレてしまっては意味がなくなってしまいます。

税金の計算方法
・一時所得 = 収入 – 支出 – 特別控除額(最高50万まで)
・所得税 = 一時所得 ÷ 2
となります。

*オンラインカジノでの収入が50万以上の場合のみ

これは一時所得での申告となり他にも雑所得での申告も可能です。

 

パチンコや競馬では税金の支払いなどのことを考えなくてもなんとかなるので、そっちのほうがいいというかたもいると思いますが、オンラインカジノにはそれ以上の魅力がたくさんあるので当サイトでは、みなさんに楽しんでもらう方法やお得な情報をお届けしていきますので、ぜひオンラインカジノで遊んでみてください。