ソフトウェアとは

オンラインカジノのソフトウェア、それはゲームのシステムの事でゲームを選ぶうえでとても重要になってきます。

なんでソフトウェアが重要?

オンラインカジノのゲームで使われているソフトウェアは外部のソフトウェア会社が開発したものを使っているオンラインカジノが多く、その数も現在かなり多くのものがあります。

会社ごとに全然違い、自分が気に入る,気に入らないもありますがセキュリティ面などからソフトウェア会社にも信頼性があります。

セキュリティが弱いソフトウェアは不正行為が行われる可能性があり勝敗を操作されるなどの被害にあわないためにも安全なソフトウェアを使っているゲームをプレイすることが大切です。

ゲーミングソフトウェア会社はたくさんある!

オンラインカジノには1,000種類を超えるゲームが用意されているところが多くあります。それは複数のゲーミングソフトウェアと提携しているためにたくさんの種類がプレイできるようになっています。

オンラインカジノによっては30社を超えるゲーミングソフトウェア社と提携しているためそれだけ多くのゲームがプレイできるということになります。

Microgaming(マイクロゲーミング)

ゲーミングソフトウェア業界の二大巨頭と言われるうちの一つとなっています。老舗で元々は業界を牽引してきたと言えるほど有名なトップ企業となっています。

ゲームに困ったらマイクロゲーミングをプレイしておけば間違いないと言えるでしょう!

「プログレッシブジャックポット」と言われる世界中でプレイされた金額の一部が貯まっていきジャックポットを引いたプレイヤーが総どりできるという機能が搭載されている機種「MEGA MOOLAH(メガムーラ) 」はオンラインカジノ業界で歴代トップとなる高額当選を出し今でもその記録は破られていません。

Playtech(プレイテック)

マイクロゲーミング社と並びゲーミングソフトウェア業界の二大巨頭の一つに急成長したゲーミングソフトウェア会社となっています。

スロットゲームの特徴は「マーベル」とのコラボで「アイアンマン」や「キャプテンアメリカ」など大人気のアベンジャーズのスロットゲームとしてプレイ出来たため大ブームとなりました。

現在はプレイすることが出来ませんがそのかわりに「ワーナーブラザーズ」との独自契約をしているためにハリウッド映画などのスロットがプレイできるようになっています。

NetEnt(ネットエント)

スロットだけではなくライブゲームにも力をいれているネットエント社はすべてがハイクオリティで多くのオンラインカジノでプレイできるようになっています。

「カジ旅」と共同開発をした通常の6倍速でスロットを回すことができる「Blitz(ブリッツ)モード」という搭載のスロットが特徴となっています。ほかにも「ジュマンジ」などの人気スロットがあります。

Play’nGO(プレインゴー)

プレインゴー社の特徴は「ビデオゲーム」がすっきりとしたテーブルレイアウトになっていてプレイしやすいことや最大3ハンドを同時にプレイできるポーカーなどほかのテーブルゲームよりゲーム性豊かなビデオゲームがたくさん揃っています。

スロットでは「Moon Princess(ムーンプリンセス)」という日本で昔流行った少女マンガを彷彿とさせるようなスロットが人気となっています。

Japan Technicals Games(ジャパンテクニカルゲームリミテッド)

日本のパチスロ業界から正式に参入したのが「JTG」になります。日本のパチスロを作ってきただけあって高いクオリティのものを開発をして人気があります。レールが「3×3」で縦長仕様になっているためスマホでも見やすくプレイしやすいものとなっています。

まだ参入してきたばかりのためリリースしているゲーム数は少ないですがレベルの高い技術を用いて作るゲームは今後にも期待ができるソフトウェア社と言えるでしょう。

Asia Gaming(アジアゲーミング)

特徴としては「ライブゲームに特化している」ソフトウェア社となっていて、会社名にもなっているように「アジア」に向けたゲーム作りをしているというような印象があります。

そのため中国の富裕層も満足できるように高額ベットができるライブゲーム多数用意されていたり、VIPルームのバカラではディーラーと一対一でプレイできるようなテーブルなどが用意されています。

 

吉沢明歩 並木優 麻生希 Julia
天使もえ 横山美雪 沖田杏里 波多野結衣

以上の日本の人気セクシー女優を使ったプロモーションをしていてライブゲームのディーラーなどをしたこともあります。

Evolution Gaming(エボリューションゲーミング)

1つのテーブルに3台以上の高画質カメラがあるため、ランドカジノでプレイしているような臨場感と緊張感が漂ってくるライブゲームとなっていて、ハイクオリティなサウンドと映像のためとても人気があり「ライブゲーム」と言えばエボリューションゲーミング社と言えるほどたくさんのオンラインカジノでプレイできるようになっています。

またライブゲームには「モノポリー」や最大500倍の配当にもなる「ライトニングルーレット」などが用意されていて、ほかのライブゲームにはないようなゲームがプレイできるようになっています。

Quickspin(クイックスピン)

ネットエント出身の人間やゲーム専門家たちが集まって作られた「BIG BAD WOLF(ビッグバッドウルフ)」という童話3匹の子豚をモチーフとなっているスロットでは「97.29%」という高いペイアウト率を誇るため連続WINが起こりやすい仕様となっています。そのため2013年には「ERG年間最優秀ゲーム賞」を受賞しています。

現在は「プレイテック社」の子会社として傘下に入っていますが高いブランド力はそのままとなっています。