大手優良サイト

トラストダイス(TRUST DICE)

2018年にオープンしたばかりのオンラインカジノ「TRUST DICE(トラストダイス)」について今回は紹介していきたいと思います。

どんな企業が運営していてどこのライセンスを取得しているのか?などこれから登録を検討しているプレイヤーが気になることを紹介していきたいと思います。

TRUST DICE(トラストダイス)

トラストダイスは2018年にオープンしたばかりのオンラインカジノではありますが、すでに日本語によるサポートなども充実しており、日本におけるプレイヤー人口も徐々に増えているオンラインカジノになっています。

運営しているのは「Satoshi Gaming Group N.V」という企業でキュラソー政府によるライセンスを取得して運営しています。

キュラソーライセンスというと日本人プレイヤーが一番多く利用しているオンラインカジノ「Vera&John(ベラジョンカジノ)」がマルタライセンスから「キュラソーライセンス」に2020年に変更したことで話題となったライセンスとなっています。

そのためキュラソーライセンスを取得しているからといって信用度が低いとはならないでしょう。

TRUST DICE(トラストダイス)の特徴

ではトラストダイスにはどんな特徴があるオンラインカジノなのか紹介していきます。

ほかではプレイができないゲームが用意されている

トラストダイスには「サイコロ」と「クラッシュ」というゲームがあります。

サイコロというゲームはプレイヤーが数字を選択してサイコロの数字が選択した数字よりも上か下かを予想するというゲームになっています。

1~100までの数字があり、プレイヤーが「90」を選択して下にすると勝率は89%になり当たりやすくはなりますが倍率としては「1.1倍」のため利益は見込めません。

反対に上に予想したときは、勝率は10%になるために倍率は「9.85倍」にもなります。サイコロのため公平なゲームになっているため「運任せ」のゲームになっています。

クラッシュというゲームは「Bustabit(バスタビット)」というゲームに似たゲームになっています。ベットをしてゲームがスタートすると倍率グラフがどんどん上昇していきます。その倍率グラフが上がれば上がるほどベットした金額がどんどん膨れ上がっていくというゲームシステムになっていて、倍率グラフが停止する前に抜け出すことができれば「上がった倍率×ベットした金額=払戻金」になります。

わかりやすく説明すると「1,000円」をベットしたとします。倍率グラフがどんどん上昇して15倍のところで抜け出すことができたとします。

「1,000(円)×15(倍)=15,000(円)」ということになるため1,000円が「15,000円」になって払い戻しされるというゲームになっています。

入出金が仮想通貨のみとなっている

トラストダイスで現在取り扱っている入出金手段は

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Tether(テザー)
  • EOS(イオス)

以上の「仮想通貨のみ」となっています。

また、ほかのオンラインカジノでは仮想通貨で入金して「JPY/日本円」や「USD/アメリカドル」などに換金してゲームをプレイすることになるところがほとんどですが、トラストダイスでは換金せず、「BTC」などでプレイすることができるオンラインカジノになっています。

サポートに確認したところ、「クレジットカード」による入金にも対応できるように現在準備中とのことなのでそのうちクレジットカードによる入金ができるように実装されるのではないでしょうか。

仮想通貨による入出金のため本人確認が必要ない

仮想通貨は匿名性の高い通貨となっています。

ほかの「ビットカジノ」などでも仮想通貨による入出金を選択しているプレイヤーには身分証明書などによる本人確認の必要のないオンラインカジノもありますが、トラストダイスでも本人確認は必要ありません。

そのため登録は「15秒」でできるほどの簡単なものになっています。

TRUST DICE(トラストダイス)のアカウント開設方法

トラストダイスのアカウント開設方法を紹介します。まずは公式ホームページをひらきます。

右上にある赤枠の「登録」をクリックします。

右の「ユーザー名」が自動で入力されているので好きなものに変更しても構いませんし、そのままでも大丈夫です。

気に入らない場合は更新などをクリックするとまた別のユーザー名を入力してくれます。

「利用規約」をクリックして「アカウントを作成」をクリックするだけでアカウントの開設は完了になります。

ですが、メールアドレスの登録を続けてしていきます。

右上の黄枠のところをクリックすると赤枠の「設置」をクリックします。

すると左側にメールアドレスとパスワードの設定ができるようになっていて、右はGoogleによる身分認証となっています。

これらを入力して「送信」をクリックすると完了となります。

オンラインポーカーをプレイするならココ!

ボードック(Bodog)

本人確認書類が不要?!

面倒な登録時に必要な本人確認書類が不要だから初めてのプレイが簡単!

キャッシュゲームやトーナメントで世界中のポーカープレイヤーと対戦。

asuka
asuka
管理人はオンラインポーカーをプレイする時はだいたいボードックです。

もちろんリアルマネーでプレイしますが、まだ少し不安という方でもプレイマネー(練習用のポイント)で遊ぶこともできるので気軽に始めやすいと思います。

サポート ライブチャット(日本語対応:13:00~24:00)
おすすめ入出金 【入出】クレカ【出金】銀行送金
初心者向け度

詳細ページ公式ページ