税金がかかる

オンラインカジノを始めるまで全く分かっていなかった人も多いのが税金がかかるということです。具体的に言うと一時所得にあたるもので、それは懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払い戻し金ということにあたります。

税金の計算方法って面倒じゃないの?って思っていぶかしげになるかと思いますが、計算方法を覚えてしまえば問題ないと思います。

総収入ー収入を得るための支出ー特別控除額(年間最高で50万円)=一時取得

という計算方法になります。そこから2分の1が課税の対象となります。

分かりやすく言うと200万円収入があってそこにいくまでに100万円を使ったとなったら差し引き100万円になりますよね。そこから特別控除額が50万円ですので50万円が一時所得という計算方法になるのです。

そこから課税対象が2分の1ですのでトータルで25万円が課税対処となりちゃんと納めなくてはいけません。納める額が大きくないか?って思うかもしれませんが、そこから年収や諸経費なども入ってくるので一概にはもっと減ったり増えたりと上限はすると思います。

ただオンラインカジノで注意しておかなくてはいけないのは一時所得はいわゆる控除というのがありません。

昨日40万円勝って今日は10万円買ったけど、次の日に50万円負けたといっても所得がプラスマイナスゼロということになりませんので注意しましょう。

パチンコなどでは税金って聞いたことがないのにオンラインカジノでは払わなくてはいけないのはなんで?って思うかもしれませんが、簡単にいうとオンラインカジノは記録に残ってパチンコや競馬は記録に残らないですよね。本来はちゃんとパチンコや競馬も残さなくてはいけないのですが、すぐに現金で受け取るので記録がないのです。

しかし、オンラインカジノは送金などで記録が残ってしまうのです。ですからちゃんと払わなくてはいけないので注意しましょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★超初心者向けサイト★