クラップス

CRAPS

クラップスというものについて説明していきます。ダイスを使ったテーブルゲームであまりカジノゲームをやったことがない人からしてみれば聞きなれない言葉かもしれませんが、その起源はかなり古く最も最古のギャンブルと言われております。ダイスというのは最も人を引き付けるゲームの材料なのかもしれませんね。

クラップス自体は12世紀ぐらいが起源とされて18世紀ごろから本格的に広まったとされております。ゲーム時代はルーレットに似ています。そして進行役がプライヤーだということです。よく海外のドラマとかでギャンブルをしているシーンとかでお客さんがダイスを放っていますがあれがクラップスです。

まずプレイヤーがダイスを投げ入れてその目によってきまるということがクラップスの基本です。見た目は複雑そうに見えますが、意外とルールは簡単ですし、1投ごとにプライヤーが変わりそのプレイヤーの出した目で勝敗が決まるのがスリリングで面白いく一番盛り上がりやすい賭けごとと言っていいでしょう。最初はルールが難しく思ってしまうかもしれませんが覚えておいたほうがいいです。

基本ルールはまずダイスを二つ振り1投目をカムアウトロールと言い7が出るまでをシリーズと言います。クラップスはトータルで争うゲームでありカムアウトロールから7がでるまでを一回のゲームと勘定します。例えばカムアウトロール(1投目)が4、2投目が5、3投目が11、4投目が7だった場合、1~4まで一回のゲームです。

そしてその間に出た4、5、11賭けに応じた的中数字となります。

まずカムアウトロールの、前にパスラインと書かれた場所に賭け金を配置します。カムアウトロールでダイスの目が7か11が出たら即座に勝ちで終了ですが2、3、12が出たら即座に負けとなります。

7・11・2・3・12出なかった場合は出た目がシリーズ中のポイントになります。カムアウトロールが6の場合は次に7がでkるまでに6が出ればパスラインベットは的中です。反対に6よりも先に7が出れば没収されます。これが基本です。

次がカムベット。基本はパスラインベットと同じでチップを置いて2・3・7・11・12が出ればそこでゲームは終了です。

それ以外の数字が出たらカムベット用のポイントとなります。カムに置いたチップが数字の場所に移動します。

例えばカムにチップを置いて1投目が4ならチップは4の場所へ、次に7が出るよりも4が出ればそのカムベットは的中となります。

基本はパスラインベッドですがもっと特殊な賭け方が結構ありますがまずは基本を覚えて魅力を楽しみましょう。

CRAPS

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★超初心者向けサイト★