ブラックジャック

BLACKJACK

オンラインカジノを代表するゲームと言えばブラックジャックですよね。普通のトランプの遊びでもシンプルで分かりやすいルールながら実はかなり奥が深くその場のカードの配列だったり次にくるカードをよんだりと経験も大事ですが、ひらめきや戦略がものすごく大事で奥が深いのです。

多くのプライヤーを魅力しており、日本でももっともポピュラーなカードゲームではないでしょうか?説明不要かもしれませんが、ルールの説明としては配る側(ディーラー)とプライヤーという形で勝負して配られたカードの合計の値が21に近いほうが勝ちとなります。

カードは数字の2~10の場合はその数字が当てはまりますが絵札となるJ・Q・Kでは10と数えます。21を超えてしまったらバーストと呼ばれて問答無用で勝負が決まってしまいます。そしてA(1)は21を超えない範囲で11か1のどちらかで計算されるのです。

まず最初にカードを配れますが、その時にAと絵札の場合はブラックジャックと呼び最強の役となります。払い戻しが2倍なのに対してブラックジャックの場合は配当が多いのです。

ディーラー側は2枚のカードのうち一枚が見えている状態となっているので見えている側と見えていない側で数字を予測してその数字よりも少ないと思ったらもう一枚引きます。勝っていると思ったらもう一枚引きます。

他には倍を賭けてカードを引くという選択肢とスピリットと呼ばれる選択肢があります。スプリットというのは最初に2枚カードを渡されますが、それがぞろ目、もしくは10と絵札だった場合は同じ金額を足して手札を二つに分けて勝負することが可能です。

簡単に言うと二つの手札で勝負することができるのです。

他にもインシュランスというディーラーがブラックジャックだと思ったらそれを賭けた額の半分を上乗せした形で勝負をおります。当たれば無効となりますが、もし外れた上乗せ分を含めて没収されます。

以上が大体のブラックジャックのルールです。

maxresdefault

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★超初心者向けサイト★