ブラックジャック

オンラインカジノを代表するゲームと言えばブラックジャック!カジノ文化のない日本人プレーヤーでも遊んだことがあったり、なんとなく知っている方が多いのではないでしょうか??

普通のトランプの遊びでもシンプルで分かりやすいルールながら実はかなり奥が深くその場のカードの配列だったり次にくるカードをよんだりと経験も大事ですが、ひらめきや戦略がものすごく大事で奥が深いのです。

ブラックジャックのルール

ディーラー(胴元)との間で1対1で勝負をするゲームです。
プレイヤーが複数の際は、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになりプレーヤー同士の勝負にはなりません。

カードは2~10はその数字通りの値で、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10として数えます。A(エース)は、1と11のどちらかとして使用でき、
プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの合計を21に近づけ、ディーラーを上回ることです。
21を超えた場合はバスト(bust)といい、負けとなってしまいます。

この21を超えるか超えないか、ディーラーの手札より上か下かといった駆け引きが楽しめるゲームです。

プレイヤーが最初のベットを終えると、ディーラーはカードを自分自身を含めた参加者全員に2枚ずつ配ります。
ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向きにされ、皆が見ることができます。もう1枚のカードは伏せられていてプレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きにされます。

プレイヤーのカードはカジノによって表向きの場合と裏向きの場合がありますが、現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいては表向きで配られることが多いです。

この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラル21」又は「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受けることができます。

プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなり、プレイヤーがナチュラル21にならずディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなります。

勝敗が決まっていない場合プレイヤーはヒット(もう一枚ひく)またはスタンド(今の手札で勝負する)の選択を行います。

他には倍を賭けてカードを引くという選択肢とスピリットと呼ばれる選択肢があります。スプリットというのは最初に2枚カードを渡されますが、それがぞろ目、もしくは10と絵札だった場合は同じ金額を足して手札を二つに分けて勝負することが可能です。

簡単に言うと二つの手札で勝負することができるのです。

他にもインシュランスというディーラーがブラックジャックだと思ったらそれを賭けた額の半分を上乗せした形で勝負をおります。当たれば無効となりますが、もし外れた上乗せ分を含めて没収されます。

以上が大体のブラックジャックのルールです。

ブラックジャックはルールが簡単ですが、もう一枚引くか,引かないかの駆け引きが盛り上がるとても人気のカジノゲームです。

ナチュラルブラックジャックが揃ったときの興奮はとてもすごいです。まだプレイしたことがない方はぜひプレイしてみてください!

maxresdefault

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★超初心者向けサイト★